ネズミ捕獲

うちは両隣がレストランなので、5,6年前ほどからネズミが家中をかけずり回る
ようになったんだが、こちらもネズミ取りカゴとか殺鼠剤とか色々試したあげく
一番効果的だったのが粘着剤ということがわかった。
ネズミは賢いので、置いてすぐの頃は不審物として避けられるので、同一箇所に根気よく
置き続ける必要がある。

そんなこんなで、さきほど体長25センチほどの親ネズミクラスのでかい奴がかかった。
ここ4ヶ月ほどで3匹目の成果。してやったり。
大抵は暴れてるうちに粘着剤が絡まって、横倒しに張り付いてる事が多いけど
今日の場合はでかかったせいか、腹這い姿勢で張り付いてた(笑)
キーキー鳴いて威嚇してくるので、ゴミ箱で上から押さえつけてしっかりと
粘着剤に張り付けたあと、もう1枚上から粘着剤をかぶせて確実に確保。
まだキーキーうるさいので、軽くパンチを2,3発見舞うと静かになった。
ネズミは生命力旺盛ではあるけど、そのしぶとさは敏捷性に支えられてるので
動きさえ止めてしまえば衝撃には弱い。



1ヶ月ほど前、夜中にトイレに行くので台所を通っていこうと扉を開け、閉めたところで
ガサガサガサッ!チューーーと真っ暗闇で(例のごとく)音がしたんだけど、
それがいつになく至近距離だったからびっくりして飛び退いた。
扉を閉めるときに妙な手応えを感じたので取っ手はまだ握ってたんだけど、明かりを付けてみると
扉の蝶つがい側と柱の間にネズミの尻尾が挟まっていた(笑)
手の届くところの引き出しにペンチがあったのを思い出して、取っ手を掴んだまま
ペンチを取り出し、暴れるネズミを静にさせようと、ペンチで何度か殴ろうと試みた。
いやー素早い素早い。
尻尾が挟まっててもネズミの運動能力はすごいもので、壁を蹴って飛び上がり、尻尾が挟まってるので
振り子状に水平位置まで身体を持ち上げて、殴ろうとするペンチをかいくぐり
手に噛みつこうとしてきた。
こうなるともうバトルですよ。
真夜中取っ手とペンチを握りしめて、尻尾を挟まれた跳ね回るネズミ相手に
何度もペンチを振り回す男。
客観的に笑える光景ではあるけど、こっちはこっちで噛みつかれたら大変なのでもう必死(笑)
12,3回振り下ろした時に、ついにペンチの先がネズミの頭を捉えて、ぐったりさせることに成功。
勝った!ウィナー!!
たまたま弟がまだ起きてたので、大声で呼んで粘着剤を持ってきてもらい、尻尾を掴んで
扉を開け、ペンチでぶら下げたネズミを粘着剤に叩きつけるように押しつけ捕獲完了。

ネズミの胴体は弾力があり衝撃や圧迫に強いが、頭部は衝撃に弱いので、
動きを封じることができたら、頭部を殴るなりすれば意外とあっさりと
失神させることができます。
今後何かの参考にでもしてください(笑)

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

ネズミ捕獲

コメントを残す