コンパクトデジカメを物色

片づいた~
いやはや。長かった
ゲームクリエイターや週刊誌の編集者とかよりは全然マシだけど、やっぱきつかったな。
あとは上がってきた写真をチェックして、文字校正出してチェックして、
色味チェックして、配色チェックして

チェックばっかりかよ

でもまあ一番大変なところが終わったので、気が楽になりました。
給料が出たので(しかも8月分は一部しか貰ってなかったので、残りも一緒に来た)
気が大きくなり、前から60%ぐらい必要だなと感じていたコンパクトデジカメを物色。
物欲対理性の戦いは、物欲が主張するアイテムの必要度が70%を越えると
ほぼ購入決定してしまうのでそろそろ準備をしてみようかなと。
必要なポイントとしては

起動時間:重要度-高
AWB精度:重要度-高
光学ファインダー:必須
手ぶれ補正:重要度-低
マクロ:重要度-低
実用最高ISO感度:200~400
画素数:最低300万画素
記録メディア:xD以外
広角:できれば28mm
ズーム:光学3倍程度で十分
動画:不要
予算:30~45k

こんな感じ。
メモ撮りと、常時携帯して外回り中にイメージ写真を撮れれば十分なので
とにかくイライラしないために高速な起動はどうしても欲しい。
また撮影の感じとしては、じっくり風景を撮るような芸術系ではなく、どちらかというと
報道系に近いので、ホワイトバランスをもたもた合わせてられない関係上
オートホワイトバランスの性能は重要だ。
大きさは、小さく薄い方がいいにはいいが、性能を犠牲にするぐらいなら
大きくても構わない。とはいってもコンパクト機の範囲の話。

仕事が一区切りついたので、開放感に満たされながらひたすらググる。
んで絞れたのはこのへん
IXY DIGITAL 50
Caplio R1

EOS 10DでDIGICの良さは身にしみて分かってるので、IXY DIGITAL50のDIGIC2は
非常に魅力的に見える。起動時間も1.3秒と、まずまずだ。
1万円ほど安く買えるCaplioはメモ撮り用として重宝しそうだし、
なにより広角28mmを撮れるのが大きい。
これ以外に、なんか耳寄りな機種情報持ってる人いたら教えてくらさい。
パナソニックの映像エンジンはどんなもんなんだろうなー

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

コンパクトデジカメを物色

コメントを残す