煉獄ファーストインプレッション

煉獄の不自然な世界観は公式サイトを見てもらうとして、プレイ感などを。

このゲームは基本的にアクションRPGの範疇に入るようだが、両腕、頭、胴に武装カプセル
というものを装着すると、キャラがその形に変形して、該当武装で攻撃できるようになる。
両腕に8ミリと、頭にチェーンソーを装備するとこんな感じ

ちなみに、頭に8ミリをつけると、こんなステキな感じになる

イカス(笑)

各部位の各武装によって、モーションと隙が違うが、今のところ近接系の武装を
頭に装着すると、大きな隙ができるのでよろしくなさそうだという感じがする。
左右の腕の近接系武器は、モーションキャンセルが可能でコンボを決めることができる。
攻撃制限としては、エネルギー(各武装によって消費量が違う)と、発熱(各部位の
耐熱量を超えるまで連続攻撃するとオーバーヒートする)の二つがあり、発熱の方が
今のところきつい制限に感じる。

また、武装カプセルを取るには、オーバーキルすることによってカプセルのドロップ率が
変わってくるので、いかに効率的に大量のオーバーキルダメージを出すかがポイントになる。

コンボを突っ込む感じは三国無双に良く似てるが、その他の移動モーションなどは実にチープで
さらにモデリングも荒いので、みてくれを気にする人には、ちょっと厳しいだろう。

塔とはいえ、2階まで進んだ感じでは、1層に7,8部屋があり、各部屋に1ないし2体のNPCが沸くため、戦闘自体はかなりこまぎれになる。
ポータブル機のゲームとしては、現在出ているPSPソフトの中で、最小戦闘時間単位が
最も「ちょっとだけプレイ」に向いてると言える。

ただし、上の階に初めて行くときには、その階のボスと専用フィールドで戦闘して
勝たないといけないのだが、これがまた理不尽な強さで、何度も繰り返し同じ階を
攻略(下位層と行き来することでNPCが再配置される)して、装備を調える必要がある。
このへんの作業的なものが嫌いなら、このゲームは向かないだろう。

煉獄
ファーストインプレッション 評価★★☆☆☆

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

煉獄ファーストインプレッション

コメントを残す