EQ2日本語版ファーストインプレッション2

いかにも敷居の高そうだったEQ1とくらべ、EQ2はかなり敷居は下がっている。

現在Lv11だが、ほとんどソロで問題なく進められて、主要なプレイとなる

クエストでしばしば問題となる人捜しの労力は、かなり軽減されている。



ガードに捜している人名を言うと、そのガードが該当NPCを知っていると

こんな感じで該当NPCまでの道順を教えてくれるのだ。

実に楽ちんだ。

普通に走ってるとしばしば経路の方向が揺れるが、その場で立ち止まって

しばらく待てば、またきっちりと経路は決まる。

これはリアルタイムで経路問題解決をやっているので、しかたがないだろう。

何もないよりは、何かあったほうがいいに決まっている。






全体的なインプレッションとしては、かなり気に入ったと言っていいだろう。

これまでのところソロも楽に(もっともEQ1もHighpassまではソロみたいなもん

だったが)できるし、クエストも充実していて、思いもかけないところで

クエストが始まったりして飽きなくていい。

グラフィックの顔が受け付けないという一部の人もいるが、どうせ3人称視点で

自分の後頭部しか見えないのだ。

美人もブスも3日見れば気にならなくなるのと一緒で、グラフィックなんかは

すぐに慣れてしまう。

そんな些末な事にこだわって、わりとしっかりとしたシステムと、かなり期待の持てる

生産を無視してしまうのは、あまりにも勿体ない。

装備は各パーツごとにグラフィックに反映されるので、某MMOのような事にはならず

おしゃれをしたい系の人も楽しめるだろう。

残念なことに日本語入力まわりが少々弱いのは気がかりだが、そのへんは

IMEの辞書登録でしのげると思う。



中毒度は結構高いかも。

実のところβを始めた日は定休日だったこともあり、12時からぶっ続けでプレイして

気が付いたら夜の12時を回っていた。

これはいかんということで風呂に入って、出てきたのは3時だったが、風呂に入ってる間

気になっていたことを、ちょっとだけやるつもりでログインしたら、寝たのは6時だった

という困ったことに。

目新しい事も手伝って、やっていてかなり楽しい久しぶりのMMOだという気がする。



まだ信onももうちょっと続けるが、移行する気は現在80%ほどに固まっているので

おそらく移行する事になるだろう。

友人もまだたくさん残っているので、信onは引退ではなく長期休止のつもりでいる。

休止から引退にするかどうかは、EQ2を半年やってみてから決めたい。





と言うことで、信onと平行してやってるので毎日いるわけではないけど

Japan-Beta2サーバのQeynos(善側のサイド)あたりにいるので

β始めた人はtellください。

それではNorrathで、また。



過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

EQ2日本語版ファーストインプレッション2

EQ2日本語版ファーストインプレッション2” への1件のフィードバック

コメントを残す