タンカレーが届いたのです

早速タンカレーが届いた。
見るからに高そうなたたずまい。でも高い日本酒よりは全然安いんだよね。ふしぎ!

私を飲んでと言っているのが聞こえるが、まあまてまて。さすがに仕事中は無理だ。
夜になったら飲んでつかわす。

酔っぱらっちゃったから髪の毛つくるのムリ~~えへ~~~
となりそうな予感がギュンギュンする

タンカレーが届いたのです

Quintessentialがどこにも売ってない

クインテッセンシャルと読むらしい。
ジンです。

昨日久しぶりに黒蜥蜴さんと話していて、ジン好きならタンカレーNo.10は一度は飲まないと。という話になり、早速ネットで注文してみた。
前々から、うまそうだから飲んでみたいなーとは思ってたんだよね。

ネットで調べてみると、タンカレーNo10はボンベイサファイヤとならんで賞賛されていた。
俺的には、ボンベイサファイヤって濃厚すぎて飲みにくい感じだった。
まあ確かにうまいはうまいんだけど、普段ゴードンの47度をストレートで飲んでると、ボンベイのこれでもかというフレーバーの突っ込み具合が過剰なような気がする。
あの濃厚な味は、飲むと言うよりも食べるという感じだと思った。
タンカレーも似たような系統なんだろうか。ちょっと不安。

で、タンカレーの安いところを捜してた時にふと思い出したのが、クインテッセンシャル。
いつだったか以前エントリで書いたけど、クインテッセンシャルまじうんめぇ
透き通るようなクリアな味。宝石のようにきらめくノドごし。それでいてほのかに感じるフレーバーの味わい。さすがは5回蒸留するだけのことはあると思った。ゴードンをさらに上品にした感じ?
ボンベイとは対極にある。
ということで久々に高いジン買うなら、クインテッセンシャルも一緒に買おうと思って捜したはいいけど、どこにも売っていない。というか、ネット上にほとんど影も形もない。あったとしても売り切れとか。

ああ・・・クインテッセンシャル。かわいいよクインテッセンシャル。
ないとなると飲みたい。売ってたらケース買いで確保したいぐらい飲みたい。
醸造元が倒産でもしたんだろうか。
どっかに売ってないかなぁ

Quintessentialがどこにも売ってない