実は日本存亡を賭けた一戦

これまで俺は
こんなに借金ばっかり作りやがって。クソ自民党が!
と思っていて、アンチ自民というだけで民主に入れていた。
実際はよく調べずに、投票だけはしなきゃ~と、投票に行っていたんだ。
これまでは、まあそれでも良かったのかもしれない。
しかし今回はそういうわけにはいかない。

なにがヤバいって、民主党。やばいよここ。
いっこ前のエントリに挙げたようなこと、テレビでも新聞でも取り上げてないよね。
人権擁護法案は致命傷を与えうる危険な法案だけど、改憲提言の国家主権委譲に至っては
致死級のヤバさ。
知れば知るほど、民主党はやばいってわかるし、知れば知るほどマスコミが何も流さない
ことに愕然となる。
民主党が政権を取れば、人権擁護法案と外国人参政権は一瞬で通過するのは間違いない。
在日朝鮮人の本音(岸和田の住民投票条例 定住外国人に投票権)
開いた口が塞がらないほど目を疑うでしょ。
でもこれ事実。知らないのは一般の日本人だけ。
在日のセリフも、これまで俺が見てきた朝鮮人の特徴と合致する。

つまり民主党が政権を取ると、
人権擁護法案で抗議封殺→外国人参政権で中韓べったり法案を通す→国家主権委譲
のラインが、いまから目に見えている。
なんでこんな事マスコミが報道しないのかというのは、長くなるので別項にするつもりだけど、
事実は事実。とりあえず、すぐわかる新聞の歪曲っぷりの画像のリンクでも貼っておくか。
テレビに依存している人は、何も知らされないまま、気がついたら日本がなくなっていた
なんてことになりかねない。
今後朝日新聞と朝日テレビ、毎日新聞とTBSは、懸命になって自民叩きをすると予想。
とりあえずのところは、朝日の言うことは捏造歪曲が大半だということを知っておいた方がいい。

まだ続く


じゃあ、どこに投票したらいいのよ。ってことになる。このままだと
いま死ぬか。後で死ぬか。
というオーガーの選択そのものだ。

というか、本当の総選挙の争点はそこではないんだ。
ここ重要。
自民の郵政民営化を支持するか、民主の国家主権委譲を支持するか
の二択。
わかるかな。民主が政権取ったらお先真っ暗。

ここにもマスコミが報道しないことがある。
やはりマスコミがひた隠しにする郵政解散の理由と争点
>「歳入が40兆円しかないのに支出が80兆円もある。こんな事で国が持つ訳が無い。
>80兆のうち40兆は公務員の給料。それを削るには公務員を減らすしかない。
>だから経営が優良な郵政からやる。これが出来なきゃ公務員なんか減らせるわけ無い。
>日本は持たない」
歳出を減らさない限り、借金は減らせない。
その歳出を減らすための、リストラへの一の太刀が郵政民営化だ。
公務員を減らして、小さな政府を作ろうと頑張る小泉は、郵政法案を通すために
解散までして勝負に出た。
解散後の演説を全部見た人いるかな?

国民に痛みに耐えるよう求めた小泉が、今度は政府官僚に痛みに耐えるよう求めたら
官僚とそれに繋がっている利権政治屋はこのザマだ。
民主党は最初改革に賛成とか言ってたのを覚えてるかな?
そのくせ郵政民営化の時は、ただ反対するだけで、ろくな対案すら出さないていたらく。
民主党に期待して損した。

無知というのは怖い。
調べ回らないと判らないことがありすぎ、調べ回るほど恐ろしい事実が出てくる。
小泉を礼賛しているわけではない。
その時点の各党のビジョンを比較して、ベターなものを選ぶのが国民の義務だ。
特に今回は気が抜けない。日本の存亡は自民に勝たせることにかかっている。

最後に、これをコピぺしておこう。
==========
・13日放送の読売テレビの番組「ウェークアップ」に出演した民主・岡田氏は
 司会・辛坊治郎氏とのやりとりの中で、「郵政民営化はしない。税金で賄う。
 もし赤字が出たときは、有権者が判断する」という旨を発言。
 「対案がない」という意見に答えたものと見られる。

※以下はそのやりとりのまとめ(ばぐ太書き出し)
◎岡田氏
 「我々は、郵政に対して明確な対応を出している」
 「民営化はしない。公社のまま規模を縮小していく」
 「郵貯の上限を1000万から半減させ、100兆円が市場に流れるようにする」
●辛坊氏
 「それは前から知っている。我々がわからないと言っているのは郵便事業自体がジリ貧に
 なっている今の状態で郵貯・簡保を縮小して、果たして組織が持つのか?ということだ」
◎岡田氏
 「それは税金で負担する」
●辛坊氏
 「税金で、この特定郵便局のネットワークを全部支えるつもりか?」
◎岡田氏
 「いや、必要な範囲を税金で支える。政府だって同様のことを」
●辛坊氏
 「それだと、将来赤字に転落したときにどんどん国費を使うことになるが」
◎岡田氏
 「それは有権者の判断です。有権者がすべきでないと判断すれば
 そのときは縮小すればいいんです」
●辛坊氏
 「さて、」(ここで次の話題に移る)
==========
一言コメント:
税金を無限に使える資源と勘違いしているバカがいる。
税金を使うなどと気軽に言ういまの民主岡田と、昔の小渕自民と、どこがどう違うのか。
つまり岡田が言いたかったのはこういうことだ。
・今は郵政改革しませんよ。だから郵便局関係者は民主に投票してね。
・郵便局の経営が苦しくなったら、税金いっぱい投入しますよ。僕の金じゃないしね。
・税金使って国民から文句が出たら、解散して選挙すればいいじゃん。その頃は僕党首じゃないもんね。

==========
【民主党党首 岡田過疎地住人は貧乏人発言】
8月14日サンデープロジェクトの過疎地貧乏人発言

松原 「郵貯の限度額を500万に引き下げたら、郵便局しかない過疎地で
    1000万預けてる人は、残りの500万はタンス預金になるんですか?」
岡田 「そういう地域で1000万持ってる人がどれ程いるかという問題は別にあります
   そんな資産家であれば民間の金融機関はいくらでも取りに行きますよ」
==========
一言コメント:
田舎もんは1000万も持ってないのか。そうですか。
というか、民間の金融機関が取りに行くんだったら、郵便局も民営化していいよね。
アホだな岡田。その場その場で適当に取り繕うから、主張が一貫しないんだ。
こんな党に政権担当能力は無い。

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

実は日本存亡を賭けた一戦

コメントを残す