紙幣と白紙を区別できない韓国の自販機

もうさすがにこれは笑った
ネタかと思ったらマジだった
サイズが合ってる紙なら紙幣として認識するらしい・・・w
そりゃ通貨危機にもなるわな

通貨危機といえばドル/ウォンのワロス曲線が有名だが、いまや曲線すら描けず、大暴落の一途をたどっているようだ。
ウォンの通貨危機の時、1ドル1700ウォンぐらいだったらしいが、現在1200ウォンの防衛ラインを軽々と突破して暴落を続けている。
必死で韓銀が介入するたびにハゲタカファンドがそれを食ってしまっていて、介入資金が尽きた時韓国は終了する。



でも、これは笑い事ではない。
日本と韓国は、2006年に韓国の希望により「通貨スワッピング契約」を締結している。
http://www.chosunonline.com/article/20060204000024
これは通貨危機などの際に、お互いに支援し合うという契約で
・韓国の通貨危機時に日本は100億ドルを
・日本の通貨危機時に韓国は50億ドルを
それぞれ支援するという契約。
この時点ですでにおかしい。金額的にアンバランスだろw

それはそうと、このままウォン安が続いて通貨危機に陥ると、日本は契約に従い韓国に1兆600億円を韓国に支払わなければならない。
これは今年度の補正予算と同じぐらいの規模であり、補正予算にしても財源がないため国債を発行するというのに、韓国に1兆円もくれてやる余裕などない。
麻生内閣は恐らく笑って見殺しにしてくれるだろうが、民主党は在日や日教組などの特亜べったりな左翼が支持母体なので、全額国債発行してでも支援する可能性が高い。
こんなところでも、民主党を支持すべきでない理由が出てきましたな。

そもそも10年前に韓国が通貨危機に陥った時は、日本が最後まで支援を続けて韓国を支えてやったのに、たった10年でまたこれ。一体何やってきたんだよ。
そうそういつまでも面倒見てくれると思うなよ。そのまま沈んでくれ。頼むから。

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

紙幣と白紙を区別できない韓国の自販機

コメントを残す