ファイアボール

日本デ○ズニーの公式アニメーションである「ファイアボール」を昨日初めて見た。
ニコニコのランキングしばらく見てなかったんだけど、たまたま見てよかったわー。

なにこのシュールさw
デ○ズニーが、ここまで笑いのセンスがあるとは思ってもみなかった。

この動画は、仕事中に見てはいけない。
そして、口に何か含んで見てはいけない。←しっかり思い知った*1

秀逸な英語字幕がコメントでついていて、英語字幕付きで見ると、たとえ字幕を全部追えなくても面白さが倍増する。
英語訳のうまさも異常
コメント流れるのが早いので、コメント過去ログ2/19 5:00AM*2までさかのぼれば字幕付きで見れます。

デ○ズニーってカネに汚いだけじゃなかったんだなw
やるじゃないか。見直したマジでw

ぶっちゃけオッケティング~

  1. マジでクリスタルガイザーをディスプレイにぶちまけそうになった []
  2. なぜ5時かというと、俺が見た時がこの時間だからw []
ファイアボール

マスコミ不買運動

椿事件とは、この動画のうp主によると

1993年にテレビ朝日の報道局長が「自民は叩きまくって陥落させろ。対抗政党の悪いとこは流すな。共産党はハブね」というスタンスで偏向報道を行った事件です。

とのこと。
あきらかに放送法違反です。本当にありがとうございました。
なんで放送免許取り上げられないんだろうね?
というか、そんな事件があった事すら知らなかった。
まあいまさら驚かないけども。

続きを読む “マスコミ不買運動”

マスコミ不買運動

ランディ・パウシュの「最後の授業」


見ていて不覚にも感動してしまったのでご紹介。
カーネギーメロン大学では、各種の病気によって余命を宣告された教員が、最後の授業を行うというのが慣例になっているらしい。
パウシュ教授はバーチャルリアリティの第一人者とされる名物教授らしいが、ガンにより余命を宣告されたため、最後の授業を行う事となった。
普通、死を前にした人というのは悲壮感が漂うものだと思っていたが、この人にはそんなところが微塵もない。
ジョークを飛ばし聴衆を沸かせ、引き込んでいくのは実に見事。
しかし本当に見事なのはその講義内容だ。
この男にならついていきたい。人生を預けてもいい。そう思った。

全部で9つに分割されているこの動画、その1では3000人強の再生数なのに、その2では1700に減っている。
最後まで人の話を聞けない人は損をするという典型だと思う。
見た者だけが得をする。そんな動画だ。

Youtubeでは2500万人が見たというこの動画、ニコニコでは次の動画への自動ジャンプが仕込まれているので、ニコニコで見た方が通してみるには楽だろう。
Youtubeでも同名で検索すれば出てくるので、ニコニコのIDがなかったらそっちでぜひ。

パウシュ教授のご冥福をお祈りいたします。
見て、そして学ぼう。

ランディ・パウシュの「最後の授業」

紙幣と白紙を区別できない韓国の自販機

もうさすがにこれは笑った
ネタかと思ったらマジだった
サイズが合ってる紙なら紙幣として認識するらしい・・・w
そりゃ通貨危機にもなるわな

通貨危機といえばドル/ウォンのワロス曲線が有名だが、いまや曲線すら描けず、大暴落の一途をたどっているようだ。
ウォンの通貨危機の時、1ドル1700ウォンぐらいだったらしいが、現在1200ウォンの防衛ラインを軽々と突破して暴落を続けている。
必死で韓銀が介入するたびにハゲタカファンドがそれを食ってしまっていて、介入資金が尽きた時韓国は終了する。



でも、これは笑い事ではない。
日本と韓国は、2006年に韓国の希望により「通貨スワッピング契約」を締結している。
http://www.chosunonline.com/article/20060204000024
これは通貨危機などの際に、お互いに支援し合うという契約で
・韓国の通貨危機時に日本は100億ドルを
・日本の通貨危機時に韓国は50億ドルを
それぞれ支援するという契約。
この時点ですでにおかしい。金額的にアンバランスだろw

それはそうと、このままウォン安が続いて通貨危機に陥ると、日本は契約に従い韓国に1兆600億円を韓国に支払わなければならない。
これは今年度の補正予算と同じぐらいの規模であり、補正予算にしても財源がないため国債を発行するというのに、韓国に1兆円もくれてやる余裕などない。
麻生内閣は恐らく笑って見殺しにしてくれるだろうが、民主党は在日や日教組などの特亜べったりな左翼が支持母体なので、全額国債発行してでも支援する可能性が高い。
こんなところでも、民主党を支持すべきでない理由が出てきましたな。

そもそも10年前に韓国が通貨危機に陥った時は、日本が最後まで支援を続けて韓国を支えてやったのに、たった10年でまたこれ。一体何やってきたんだよ。
そうそういつまでも面倒見てくれると思うなよ。そのまま沈んでくれ。頼むから。

紙幣と白紙を区別できない韓国の自販機

麻生首相所信表明演説

麻生内閣 麻生首相所信表明演説‐ニコニコ動画(秋)

全部聞いたけど、ものすごいビジョンをぶちあげてる。
食糧自給率50%
や、
最終的に道州制を目指す
などなど。20分があっという間だった。
もう一回聞こう。

ニュースでは民主に対する対決姿勢とか言ってたけど、なんでこんな大事な事を報道しないのか。
偏向報道にもほどがある。
政策を見ようとしないのはマスコミも一緒だな。
印象操作のために都合のいいところだけかいつまんで垂れ流すから、それしか見てない国民には麻生が何をしようとしているのか全く伝わらない。

一度は民主に政権取らせるべきだとか、誰が首相になっても同じとか本気で思ってるんだったら、一度この所信表明見てみるといい。

ちなみに、民主党は憲法の改憲案として国家主権の委譲を掲げてるのは知ってるよね?
ttp://www.dpj.or.jp/news/?num=602
国家主権の移譲?アジアとの共生?
これが意味する物が「日本を中国の属国にしましょう。」という意味だと考えられているのは有名な話。
嘘ではない。「民主党 憲法提言 移譲」でググってみるといい。

誰が政権取っても同じだと考えているあなた。
いま、民主党は参議院を握っています。このうえ衆議院も民主党に与えると、どうなるかわかりますよね?
日本を属国化するような改憲案が普通に国会を通過していて、気がついたら

中国の属国になっちゃってた。てへ。

なんてことになりかねない。
笑い事じゃないぞ。
中国共産党のひどさは筆舌に尽くしがたい。異論を唱える前に、一度本気で調べてみて欲しい。

マスコミから垂れ流される情報には、誰かの恣意がのっかったフィルターがかかってる事を忘れてはならない。
政治は私たち自身に直接関係してくる事だ。
テレビのインタビューに出てくるような、「ガソリンの価格をなんとかして欲しい」とか言う程度の哀れな人々になってはいけない。

自分で、自分の頭で考えよう。

麻生首相所信表明演説

ニコニコの再生が途中で止まる件

Firefox3で見ているんだが、最近なぜかよく途中で止まる。
シークバーがケツまで青くなってたとしても止まる時は止まるし、途中までしか読み込まない時もある。ちなみにプレミアム。
Firefox2で止まった時は、再生2秒あたりで0秒→2秒のループが繰り返されたりしてたので、わかりやすかったんだが、Firefox3になってからは、全体の5分の4あたりで止まる事が多くなって、時報以上にイラッとくる

面倒だったのでしばらく放っておいたが、昨日チョット調べてみた。
最近良くある現象らしく、キャッシュをクリアすればよい、とか、shockwaveプレイヤーを入れるとよい、とか、いろんな情報が錯綜していたのでそれぞれ試してみたが、どうもかんばしくない。

結局、ここの解決策がある程度効果があった。
FirefoxでYoutube系のフラッシュ動画の再生が止まる(2)

Firefoxがおすすめしてくれるアドオンがくせ者だったようで、adobeのサイトからFlash Player Uninstallerで一旦アンインストールしてから、Netscape用のFlash Playerを再インストールすることで改善した。
アンインストール→インストール時はブラウザは閉じておこう。

Flash Playerを上書きするだけではうまくいかないので、アンインストールがキモのようだ。
これでも、まあ止まることは止まるが、以前の10分の1ぐらいの頻度になったので許容範囲内だ。
止まった時は、以前はブラウザごと閉じなければいけなかったが、いまはブラウザのタブを閉じて開きなおすだけで済むようになったので、ストレス的にはかなり楽になった。
同じ症状でイラついてる人は試してみてほしい。

ニコニコの再生が途中で止まる件