(SL)疾風的売れるショップ講座的ななにか(3/47)

さて。そういうことで、さっそく目次をざっと見てみますか。

1.はじめに
まずは固定観念から振り落としていきましょう。

2.SLは儲からない。と、考えましょう。
矛盾してますか?そうでしょうか?

3.いかに人に知ってもらうか。
これ、キモです。

4.なにはともあれ、まずは商品クオリティ
いい物は売れます。でも、何が本当にいい物なのか知ってますか?

5.クオリティ追求の勘所
この講座の核です

6.とりあえず弾数を揃える
7.新作を作り続ける
4,5番をふまえた上で、6,7を実践。時間がある人でないと、これはしんどいです。

8.ブランドを確立させる
店舗の見た目やpopとかブランドイメージなど。印象の底上げとしてプラスアルファ。

9.誠意あるサポート
ま。お店として当然ですね。

10.これからメジャーに躍り出るあなたへ
まとめです。

こんなところでしょうか。
それぞれの項目のエントリで詳しく説明していきます。

1-1.この講座を書く人の紹介

まず大前提として、うち(H2L)はRLが多忙なため、ほぼ放置店舗ですw
また、一部例外を除いて積極的に宣伝はしてません。
そのため、日本人には知らない人が多いと思うので、まず最初に概略だけとりあえず。
・2007年2月 H2L立ち上げ
・2007年5月25日 Men’s Second Styleに掲載
・2007年9月 Savvy Hair Award新人賞・アップスタイル部門にノミネート
・同月 SL Fashion Blogger’s Choice Awards 新人賞・ベストヘア賞にノミネート
・2008年8月 Hair Fair参加
ということで、非常に地味にやっております。
昨年のHairFair以降は新作を出してないので話題性にはかすりもしませんが、それでもコンスタントに売れています*1

私は今では、商品は別に売れなくてもいい。ただ、最高の物をリリースしたい。それが買ってもらえるのであればありがたい。というスタンスです。だから最近ではほとんど作っていません。というか、モチベーションが溜まらないのでSLにインすらしていません。

とはいえ、私もH2Lを立ち上げた当初は、せっかく作ったんだから売れてほしい、多くの人に使ってほしいと思っていた時期があり、色々と試行錯誤を繰り返していました。
本講座は、このような私の経験と考察、そして推測を元に書かれています。
この時点で興味を失った方は、ご遠慮なく他サイトへどうぞ。

>>目次に戻る

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

  1. 9ヶ月以上ほったらかしなため来客数は減ってますが、購入率はむしろ増えているのは我ながら驚きです []
(SL)疾風的売れるショップ講座的ななにか(3/47)

コメントを残す