(SL)疾風的売れるショップ講座的ななにか(8/47)

1-4.お店の立地はどこがいいの?

お店の立地は、結論から言うとどこでもいいです。
若干メインランドの方がベターかな?というぐらいです。
まあちょっと、最初からお話ししていきましょう。

-ショップをやるなら本店は必須

自分のブランドを立ち上げたならば、お店を持ちたいですよね?
でも、そのためのL$もままならないから、無料モールに置いてみる・・・
これではダメです。
お店はあなたのブランドとお客さんを結ぶ糸です。
SIM名と座標からなるSLURLに向かって、お客さんは飛んできてくれるわけです。

品数が少ないからとか、お店として成功するか分からないし。という気持ちは分かりますが、そう思っているうちはお店を開く資格はありません。
なぜか。
それは、お客さんの方を向いていないからです。
上に書いた言い訳をもう一度読んでください。全て自分本位の言い訳ですよね?
お客さんに買ってほしいのならば、お客さんのためを思って行動しましょう。

L$がないなら、リアルマネーでL$を買いましょう。
仕事帰りに呑みに行くのを一ヶ月に一回我慢すればいいんです。5000円ぐらいはすぐ浮くでしょう?
あるいは、1日100円なり200円なり節約すればいいじゃないですか。所帯持ちの場合は色々しんどいでしょうが、なんとかやりくりしてください。
そして、あなたのお店を構えるのです。
大丈夫です。真剣にやって、一旦売れるようになれば、すぐ元は取れます。

-本店の外観は、余裕ができるまでは適当でOK

ちなみに私見では、余力がないうちは別に適当な建物で十分だと思ってます。商品は建物の外観で売るわけではない。というのがその理由です。

実際、私の店舗は2007年に借りた当時に30分ででっち上げたものです。テクスチャもフリーの物を使ってます。
それ以来、ほとんど手を加えていません。
自慢にもならないですねw
疾風の店には屋根がないなどと言われますw
でも、建物のせいで売れなかったなんてことはありませんでした。
これではいけないと思いつつ、いつかは立派なのを建てたいんですが、建築に時間を取られるぐらいなら新作を作りたい方なので、なかなか進んでいません。

-大事なのは土地とランドマーク

建物が適当でもいいのはなぜかというと、土地が大事だからです。正確には土地に割り振られている座標が大事です。
どういう事かというと、商品にはお店のランドマークが入ってますよね?後でまた詳しく説明しますが、ランドマークはリピーターを促すものです。
売れているお店には必ずリピーターがいます。
そういうありがたいお客さんの受け皿として、自分のお店があるわけです。

適当に飛んで適当に買ったもので、後からどこで買ったかなんて思い出せる人はそうそういません。
あなたがもし自分のお店を持っていなかったら、お客さんがもう1個色違いを買いたいとか、友達に紹介したいとかなった時に、どこに行けばいいかわからなくなります。
こんなにもったいない売り方もありません。
だからこそ、自分の土地に固定されたお店を持って、商品にランドマークを入れておく必要があるんです。

-立地はどこでもいい

さて、それじゃお店開くにはどこがいいの?という疑問が当然出てきますね。
正解は「どこでもいい」です。
消費者のメインの移動手段はテレポートです。
いまどき歩いたりSIM内を飛行して回る人は、よっぽど色々見て歩くのが好きか、時間が有り余ってる人しかいません。

普通は*1ダイレクトに店に飛んで、ダイレクトに帰って行きます。
ここ重要です。

以前のエントリで書いた「SIMの人通り」という概念が古いというのもこれです。
その昔、テレポートはSIMの決まった場所にしかテレポートできなかった時期があったのだと聞いた事があります。おそらく私が始める1年ほど前の話だと思うので2006年頃でしょう。
昔のテレポートの仕様がそんな感じだったので「人通り」が重要だったわけです。
現在ではSIMの人通りなどというのは、景色を売りにした景観SIMにしかありません。
2007年の夏には、すでに「SIMの人通り」という考え方は古い概念とされるようになっていました。
居住区の大通り沿いがいいとか、広場沿いがいいとか、いつの時代の人でしょうね。そんなことは全く関係ありません。

いまどきの消費者は、目的の場所に直接飛んで、見る物を見たら脇目もふらずに帰って行ってしまいます。
だから、あなたの店の立地は全然関係ないんです。
後で説明する宣伝にしても、クチコミにしても、どれもが直接あなたの店へ飛ぶ手段を持っています。
したがって、お店の立地は個人SIMでもメインランドでも、水中でも空中でもどこでも大丈夫です。

-注意しておくべき点

ただしプライベートSIM(や、企業のレンタルSIM)は、突然撤退する事があります。
上で書いたように、あなたの土地座標はリピーターを受け止めるためのものですから、本店移転という事態はできるだけ避けたいところです。
移転をするにしても、最低でも2,3ヶ月は移転用の誘導のための告知をしなければ、せっかくあなたの店のファンになってくれたお客さんとの繋がりが切れてしまいます。
ですから、最初の本店はよくよく吟味してください。
最初に建てた本店は、手狭になって支店に格下げされたとしても、リピーターの受け皿としてかなり長い時間お世話になるだろうからです。

そう考えると、最初に建てる本店用地は、メインランドの方が安心かもしれません。
ただ、メインランドは同じSIM内の他の利用者をコントロールできませんので、やたら重くなったりする危険性もあり、プライベートSIMと比べると一長一短あります。そのへんは個々人で色々考えて、自己責任でやるようにしてください。
なに、大丈夫。真剣になって頑張れば、すぐ自分のSIMを持てるほど稼げるようになりますよ。

>>目次に戻る

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

  1. ここで言う「普通」は、「売れているお店」がメインターゲットとする購買層の事を指しています []
(SL)疾風的売れるショップ講座的ななにか(8/47)

(SL)疾風的売れるショップ講座的ななにか(8/47)” への1件のフィードバック

  1. 疾風 のコメント:

    :::::Gonbeさんの場合:::::
    *** ご参考まで ***

    Gonbeは最初からメインランド派でした。
    最大の理由は、売りたい相手が日本人では無かったからです。
    日本人のプライベートSIMにしてしまうと、外人さんが来にくいかもしれないと感じていました。
    だから、ある程度本店での売上が増えて、更に色々な展開をしてみたいと思った時期に、日本のプライベートSIMや海外のショッピングモールにも出店してみようと思っていた程度で、初期の段階では全く考えていませんでした。

    それと、RLでもそうなんですが、基本的に賃貸派では無くて、持ち家派なんです。
    賃貸で土地を持つと言う事が、本質的に嫌いなので、最初からメインランドに土地を持っていますし、お店はメインランドで出そうと思っていました。

    別にプライベートSIMでも良いのですが、自分の店の土地をSL検索に登録できない形態の場所は対象外として考えていました。
    出店としては有り得ますが、少なくとも自分の本店なら、そのような場所には置きません。

    なにせ自力で顧客を呼び寄せることしか考えていませんでしたから。

    ************

    Gonbe Shan
    SecondLife店舗:Aquashop Gonbe

疾風 にコメントする コメントをキャンセル