日本の核武装議論

ニコニコのエントリの続きとして、今度はちょっと真面目に。
固い話かもしれないが、あなたがもしモノを考えられる大人なのであれば、せめてこのエントリの最後までは目を通してもらえればと思う。
いまの日本がどれだけヤバイのか。あなたも知るべき時に来ているのだ。
そして、政治を託す人を見極める目を持つ事が、あなた自身とあなたの子孫を守る事になる。
もはや他人事ではすまされない。

チャンネル桜の核武装に関する討論だ。一度は目を通すべき動画だ。
その理由を説明しよう。

一般的には核はダメ!みたいな感情的・情緒的な話しになりがちだが、核武装議論はそんな単純な話ではない。
政治、外交、経済、パワーバランス、日本人の意識、世界の常識などなど。
そういったモロモロの要素を考えないで核はダメなどと言うのは、しょせん子供の議論でしかない。

日本は世界の中で生きている。
ということは、日本人もまた世界の中で生きているということだ。
核武装の是非(いいのか、悪いのか)を考える上で、上記のようなモロモロの要素を考慮しないのは、全く意味がない。
ましてや、核武装の議論自体を感情的・情緒的な理由で「考えもしない」というのは、日本人の(ということはつまり、あなた自身の)生存権を自ら放棄しているのと同じだ。

なぜなら、思いっきりざっくりと書くと、国民国家というものは国民を守る義務があり、国民は国家の運営を任せる政治家を選ぶ権利(と義務)を持っているのは自明の通り。そこで、国民自身が「国家が身を守る方法」の議論すらさせないということは、国民自身が自らを守ろうとしないという事でもある。
竹島や尖閣諸島、東シナ海のガス田問題を見れば明らかなとおり、自らを守ろうとしない者は国土・資源を保持することもできない。
中国や韓国は、対馬すらも自国領だと主張する。こういった人が住んでいる領土を奪われた場合、そこに住んでいる人は敵国の住人となる。あからさまな戦争行為だが、そういうことだ。
対馬がもし落ちた場合今度は沖縄も欲しがるだろう。自分が住んでいないところだから関係ないという態度は浅はかな上に想像力の欠如を示しており、なおかつ愚かだ。どこまで無関心で済まそうとするのか。
仕事が忙しいから、そんな事考えている暇がない?
では聞くが、仕事が終わったらすぐそこで寝て、起きたらすぐまたそこで仕事を始めるのか?
一部の編集者やゲーム制作者などは、本当にそういう生活をしている。友人の週刊誌編集者は月に3日しか自宅に帰ってないと言っていた。他の日は気がついたら机の下で寝ているか、会社の仮眠室で寝るそうだ。
本当に忙しい、いわばどうして体調を崩さないんだと思ような人は本当にいるが、普通の仕事をしていればそんなハメにはならないはずだ。私もそうだが、せいぜい2徹が限界で、そのあとは終電なりタクシーなりで帰宅するだろう。年がら年中死にそうに忙しい人はそういない。繁忙期の後は楽になるはずだ。
コメントに仕事の愚痴を書いてくれというのではない。仕事から帰る時、家でシャワーを浴びる時、寝る前にビールを一杯飲む時。そういった時に、ぼんやりと考えてくれればいい。
1ヶ月に1回、半年に1回でいい。
ぜひとも関心を持って、一度調べてみてほしい。頭の片隅で考えてほしい。

さて、軍事力というのは、なにも攻めるだけのものではない。核軍備というものは、それだけで大きな抑止力となる。

こう考えてみてもらうとわかるかもしれない。
あなたが残業をして終電でやっと駅に着き、間隔の広い街灯が照らす薄暗い路地をトボトボと歩いて帰るとしよう。
まさか帰り道襲われるとは思わないだろう。
なぜなら、襲ったりすれば警察につかまるから、そんな事をする人はいないだろうと考えるからだ。
しかし、警察を恐れない者、捕まらずにすむと考えている者は、そんな事はお構いなしに襲ってくる。
夜道でのひったくり、傷害窃盗、ひき逃げ、そういった事件は全部が全部解決するわけではない。

あなたは身を守る手段を持っていない。
警察だけが頼りだ。
でも、襲われてしまう。
なぜなら、自分で身を守る手段を持っていないから。

これがいまの日本の状態だ。
襲われるのは日本。襲うのは、ロシア、中国、韓国(北朝鮮は地政学上の理由で脅威ではない)
警官はアメリカだ。
しかも、この警官、自分の都合でしか動かない。
アメリカにはアメリカの国益を守る義務があり、アメリカの国益を守る上で日本と安保条約を結んでいるに過ぎない。
日本はといえば、自前で軍隊を整備することなく身を守れると、これ幸いと安保に乗っかっているに過ぎない。

そのアメリカの国力は衰退しつつあり、このままアメリカに頼り切ったままだと日本も一緒に沈没しかねない。アメリカが日本の安全保障から手を引いた時、日本は無防備のまま取り残される事になる。
現在の自衛隊では、日本の長すぎる海岸線全てを守るのは無理だから、戦略としては攻められる前に攻められないような状況を作らなければならない。
上の例で言えば、いまの日本は2センチぐらいのポケットナイフを持って、夜道を歩いているのと同じだ。
中国は弾道核ミサイルの照準を日本の大都市に合わせてるのは周知の通りだが、ポケットナイフ程度で飛び道具を防げるわけもない。
そうなる前に、日本も自前で抑止力を持つ必要がある。核も持たずに常任理事国などとは片腹痛い。
核武装をするというのは、暗い夜道を警官と連れだって歩いて帰るようなものだ。

冒頭で紹介した動画を聞いていてなるほどなと思ったのは、外交(国連含む)というのは一定のルールにのっとって行われるが、「ルールを作るのはパワー」だ。ということだ。ここで言うパワーとはもちろん軍事力の事だ。場合によっては経済力の事もあるが、安全保障上では軍事力がパワーの根源だと考えて差し支えない。
外交では、パワーを持っていて初めて自らに不利なルールを拒否できる。
このことは明治維新時の列強との不平等条約を見れば明らかだ。
ルールはパワーを持つ者を保護する。弱者を保護するルールがあるのは、そうしたルールもあったほうがいいと「パワーを持つ者が」考えた結果に過ぎない。
この点は非常に重要なのにも関わらず、日本人は全く認識していない。というよりもむしろ勘違いをしている。ルール遵守は美徳なのは間違いはないが、ルールを下支えするパワーを無視していれば、いつか必ず足元をすくわれる。
たとえば、日本の犯罪率の増加は、ひとえに抑止力不足という側面もあるだろう。必ず捕まって必ず罰せられるというのが犯罪に対する抑止力だ。警察のお役所仕事化、検挙率の低下などの結果、いわゆる日本の安全神話というのはあっさり崩れ去った。少年犯罪の増加に対しても、20歳以下も成人として厳しく裁くようになれば、子供の人を人とも思わないような犯罪も減るかもしれない。
これがルール(この場合刑法)を下支えするパワー(警察力、罰則の適用)だ。

まずパワーがあり、次にパワーがルールを作る。
絶対だと勘違いしがちなルールは、パワーによってねじまげられうる。
要するに、まず最初にパワーありきなのだ。

アメリカが日本の安全保障から手を引く危険性がある以上、核武装が必要か否かそれをまず考える必要がある。核武装が必要という結論が出たとしたら、実行に移す前に憲法改正をせねばならず、憲法改正をするためには、なぜ憲法改正が必要なのかのコンセンサスを得なければならない。
憲法改正が必要かどうかのコンセンサスを得るための議論の前に、いまの日本の状況がどうであるか、どのように身を処すべきかの議論をしなければならない。

というわけで、核武装を考えるということは、日本を取り巻くあらゆる問題を再考しなければならないということでもある。
考えるべき事は恐ろしく多い。これはもうものすごい大変だ。
冒頭で紹介した動画は、そういった包括的な視点の一部を幅広く紹介してくれている。

いまの日本がどれだけヤバイのか。あなたも知るべき時に来ているのだ。
そして、政治を託す人を見極める目を持つ事が、あなた自身とあなたの子孫を守る事になる。
もはや他人事ではすまされない。

無防備に暗い夜道に立っている事に気づいてからでは遅いのだ。

過去記事ランダムピックアップ

Loading…

関連記事:

日本の核武装議論

日本の核武装議論” への5件のフィードバック

  1. 公家 のコメント:

    夜道歩いてたら見知らぬ者にナイフを突きつけられて脅される。
    その時になってようやく、自分の身に危険が迫っていた事を思い知る。
    日本人の7割8割がこんな調子じゃない?
    内閣改造で何を期待する?と問われたオバチャンが
    「ガソリン代どうにかして欲しい」
    等と平然と言っちゃうのが日本。
    ウチの母親は私が小さい頃から「地下鉄へ逃げろ」とか「自分の身を守る為に自衛隊に入れ」とか「日本に居るな」とか
    冗談半分で言っては周囲から変人扱いされてましたが
    もはや冗談では済まない話。

  2. Semi Yue のコメント:

    こういう話は、経済と宗教と兵力と軍事同盟と国と国の繋がりを理解するともっといろいろ考えられるかもしれませんね。
    例えば、北朝鮮は中東戦略に対して重要な立場にありますし(ほんの少し調べただけでわかります)、上海条約機構と北大西洋条約機構は宗教的な側面で協力体制にあります。
    オシラク・オプションで実際に火を噴いていますが、中東を考えると北もおろそかにする事はできません。
    根本的に、テロ組織にとってザルの日本に核武装を認める国は皆無でしょうし、単純に経済制裁の理由を提供する事になります。
    ああ、あとは軍事同盟に関しては兵器に使用される機器の生産や技術という観点も必要ですねw
    ロシアが中国が…という話は、9.11後の世界情勢にとっては時代遅れの考え方になりますw
    最初、中国陰謀論を唱えていた人もいますが、資本主義と共産主義だけでは決定的に考え方が足りなくなります。
    核武装しなくても、シンガポールのようになるという手もありますよw
    あそこの兵力に関しては説明もいらないでしょうし。
    まぁ、オシラク・オプションが再度起こる前に中東への核拡散をどうにかしたい6カ国会議で拉致家族に拘りすぎた今の政府ではそのうち…という気はしますねw
    どうにも、世論自体といいますか、マスコミの視野の狭さが気になります。
    日本もアメリカもロシアもA-WACSは持っていますが、NATOとの兼ね合いがある以上、独立国家に侵攻する事は中国もロシアもあり得ません。
    それこそ、日本が中国、ロシアで自爆テロでも繰り返さない限りは。
    あに二つの国は、日本人が思っている以上にイスラム武装勢力と戦っていますよ。

  3. 疾風 のコメント:

    > くげさん
    うっとうしいおばちゃんをまとめて中国に送り込んだら、きっと中国は恐れをなすに違いないw
    いいお母さんじゃないの。うちはいまからちょこっとずつ教育してるからたいへん
    > semiさん
    ようこそ~
    議論は大歓迎です。知識も増えるし。
    もっとも、私はせいぜい1年に1回2週間ほど集中的に情報収集するだけで、そんなに詳しいわけではないですが。
    上記エントリはいわゆる「初心者向けの物語」なので、目立つところだけかいつまんでありますw
    さて。
    北朝鮮の中東戦略に関する関わりというのは、核技術供与の事でしょうか?
    私は北朝鮮が核技術を所持した、というのは疑わしく思っています。北朝鮮は2006年に核実験を行いましたが、核爆弾というのは、たった1回の核実験で完成というわけにはいきません。少なくとも数度実験を繰り返さないと、実用的な(少なくとも軍事的に信頼できる)核爆弾は作れません。実際にインドでは1974年5月,1998年5月11日(2回)及び13日(3回)、パキスタンでは1998年5月28日(5回)及び30日(1回)の核実験を行っています。アメリカでも未臨界核実験(臨界前核実験)はしょっちゅう行ってデータを更新しています。
    未臨界実験のコンピュータシミュレーションをするにしても、1回の核実験では十分なデータは取れないため、たった1回の核爆発「と思われる地震波」を観測しただけで、北朝鮮が核爆弾を「所有」したとするのは早計だと考えます。
    また、北朝鮮の核実験なるものの推定規模は、1キロトン以下という計測結果が出ています。
     【核開発】TNT1000トン以下の小規模爆発…核実験にしては弱い
    http://www.chosunonline.com/article/20061010000039
     2006年10月9日北朝鮮の核実験と推定されるイベントの地震波解析(改訂2)
    http://www.geo.tsukuba.ac.jp/press_HP/yagi/EQ/20061009NorthKorea/
    これは核爆発としては異常に少規模であり、0.5kt~0.8ktであればTNT爆発による偽装も十分可能です。普通に考えれば、経済制裁を誘発する核実験の偽装などは狂気の沙汰ですが、アカシックレコードでは偽装核実験の理由の推測が行われています。ちなみに、アカシックレコードは私がもっとも影響を受けているサイトです。面白いので時間のある時にでも目を通してみてください。
     北朝鮮「偽装核実験」の深層
    http://www.akashic-record.com/y2006/fakenk.html
    このような未成熟の核技術が、イランの核開発にとって欠くべからざる技術になりうるとは考えづらく、よって、中東戦略において北朝鮮が大きな比重を持つ事は考えにくいのではないでしょうか。もちろん影響は皆無というわけではありませんが、比較的には影響は非常に軽微だと考えられます。
    次にオシラク・オプションについて。
    イスラエルの暴走は今に始まった事ではないですが、現在アメリカはイスラエルを切り離す方向で動きつつあり、孤立を深めるイスラエルは、シリアを含むアラブ諸国との和平にむけての手探りをしているところです。このような情勢ではオシラク・オプションが再発するのは、和平が決裂し、かつイスラエルの軍部を押さえきれなくなった場合だと考えられるため、北朝鮮が核技術を供与しようがしまいが起こる時は起こるでしょう。アメリカのイスラエルロビーが力を盛り返し、アメリカが再びイスラエルを全面的に支援するようになればまた状況は変わって来る事は十分考えられますが、今のところ不透明です。北朝鮮政策によって、その時期(イスラエルの焦り?)が早まるかどうか、また関連性はどの程度あるのかと言うところが焦点ではありますが、それは本論と離れるうえに、アメリカの動向も関わってくるので、オプションとして検討する必要ありというところにしておき、必要ならば別個で議論すべきでしょう。
    ちなみに蛇足ながら、拉致は解決しない(すでに死亡している)と私は考えています。麻生内閣に変わる前、総選挙に影響のない時期に明るみに出るのではないかと考えています。
    前後しますが
    > ロシアが中国が…という話は、9.11後の世界情勢にとっては時代遅れの考え方になりますw
    いやいやとんでもないw
    テロとの戦いというのは、アメリカが貼ったレッテルにすぎません。
    これは陰謀論とかではなく、テロは911以前にもいまと変わらず起こっています。にもかかわらず近年クローズアップされているのは、まさに911が起こったからであり、イラクとの戦いを控えてテロとの戦いをクローズアップするのが都合がよかったからです。簡単な例を示せば、世界貿易センタービル爆破事件が起こったのは1993年です。同じアメリカ本土が攻撃されたにもかかわらず、なぜこのときにテロとの戦いを宣言しなかったのでしょうか?
    それに対し、地政学というのは現在も有効な戦略思考のツールであり、時代遅れの考えとするのは間違いです。
    テロリストというのは社会不安を引き起こす力はあるものの、中東以外では体制をひっくり返すほどの力はありません。
    イスラム勢力のテロに関して、中ロと日本を同列に論じるのはおかしいでしょう。ロシアや中国がイスラム勢力と戦っているのは、単に中ロの勢力圏内にイスラム勢力があるのと、国としてイスラム教を認めていないというだけです。よって、イスラム勢力が日本でテロを起こす必要性はほとんどないと言えます。でなければ、こんなザル警備国家で、いままで起こっていない方が不思議です。もっとも効果的なテロ目標と思われる原発なんて、自衛隊ではなく警察が警備してるのに、何も起こってませんよね。これから起こるとしたら、イスラム勢力に対する軍事行動に参加する、またはイスラム勢力に敵対する国家の閣僚レベル以上の来日などの前後のみが危険でしょう。なので、スリーパーはすでに潜入してると考えた方がいいかもしれませんが、スリーパーなので事前摘発は非常に困難でしょう。
    以上の事から日本においては、イスラム勢力のテロは警戒すべき事柄ではあるが、それを元に戦略を立てるほどの事ではないと言えます。
    > NATOとの兼ね合いがある以上、独立国家に侵攻する事は中国もロシアもあり得ません。
    地政学的に見て、ロシアは常に海への出口を求めるランドパワーであり、同様に中国も日本と台湾に出口をふさがれているランドパワーです。一方日本はというと、アメリカと並びシーパワーとして、ランドパワーに対抗するべき位置にあり、これらの位置関係は当然のことながら、日清・日露戦争のあった明治の時代と変わりありません。
    ロシアは現在内政およびイスラムに対処しなければならず、中国は各地に内乱の火種を抱えていますが、だからといって日本がなんの備えもしなくていいという理由にはなりません。
    第二次世界大戦後、パワーオブバランスによる冷戦が始まり、ソ連の崩壊による冷戦の終結後、軍事バランスは不安定になりました。アメリカは軍事費削減による軍備縮小を行い、全盛期の半分以下の展開能力しか持てなくなりました。その結果、総兵力(質は別として)の膨大な中国が近代化を行った事により、中国の脅威は高まっています。同時にロシアも近年軍備に力を入れており、両者ともその脅威度は増す一方です。
    NATOとの兼ね合いというのが具体的に何を指すのかがわかりませんが、WW2以降独立国家への侵略を目的とする特に大きな侵攻がなかったのは、単にそのチャンスがなかっただけとも言えます。それに対して代理戦争や、いわゆる討伐を目的とした軍事派遣は頻繁に起こっています。これは正当(のように見える)理由があれば派兵は可能という事であり、あり得ないと切り捨てるのは軍事的に見ると非常に危険です。
    現在の世界情勢は比較的安定していますのでありえないような話しに思えますが、軍事というのはオプションも含めて最悪の場合を想定しておくのが国防上当然でしょう。
    > 根本的に、テロ組織にとってザルの日本に核武装を認める国は皆無でしょうし、
    > 単純に経済制裁の理由を提供する事になります。
    そうですね。警備については自衛隊があたるように法律を変える必要があるでしょう。これも核武装を考える上で、先に検討しておかないと行けない事柄だと思います。
    しかし、核武装=経済制裁というのはおどろくほど短絡的であり、日本の場合には条件によってはあてはまりません。
    第一に、独裁政権と民主政権の核武装ではワケが違う。
    第二に、日本には北朝鮮および中国という(対外的に見て)わかりやすい、核による脅威がある
    第三に、日本の限定的核武装に対して、アメリカから容認的な発言がチラホラ出ている
    ということです。
    以前、マケインが日本の核保有を支持した発言をしているのは有名な話です。
    第二の理由の北朝鮮の核の脅威というのは、先に述べた私の主張とは食い違っています。しかし、外国から見た場合という観点からは、北朝鮮は核を持っている「事になっている」わけで、これは核の脅威にさらされる民主国家というイメージを利用できるという事になります。
    このエントリの冒頭で紹介した動画では、六カ国協議は日本の核武装を抑止する狙いがあるのではないかという発言がありました。これは上記のような明瞭な核の脅威がある場合、国際的な常識に照らせば日本が核武装に走るのは「あたりまえ」の事だから。という理由です。
    非常に納得できる理由です。国防上必要な軍事抑止力を持つ事は国家として当然の義務であり、これをやらなければ国家を防衛する意志なしと取られても仕方がないのが世界の常識です。核の脅威に対する軍事抑止力は核武装のみであるため、日本が核武装に走るのは当然なのです。世界的に見ればという意味でですよ。念のため。
    そこでアメリカの一派が六カ国協議で北朝鮮の核の脅威を取り除く事により、日本の核武装を防ごうという意図があるのではないか。というのが、その発言の意味です。
    ゆえに、日本が核武装に走ったとしても、いたしかたなしと思われるだろうと予想できる一方、即経済制裁という事ははありえません。そもそも日本を経済封鎖したら、世界経済へ計り知れないダメージをもたらすのは、あまりにも明白だからです。
    とはいえ、実際に核武装へ動くとしたら慎重な根回しが必要なのも確かです。
    いやー。ちょこっとお話しただけで、これだけの量になるんだから、実際に検討するとなると本当に広範囲に詳細な検討が必要ってことがよくわかりますね。
    軍需生産のインフラもあるし、通常軍備のみを増強するにしても、製造コストを下げるために武器輸出も考えないといけない。国民の意識改革が一番大変な気もするのが終わってる。
    > どうにも、世論自体といいますか、マスコミの視野の狭さが気になります。
    まったく同感です。嘆かわしい。
    ニュース番組にグルメコーナーがあるうちはダメでしょうね。時々、同じ日本人であることが恥ずかしくなります。
    まだちょっと書きたいですが、さすがに眠いので寝マッスル。議論にまともに応じてくれる人が少ないので楽しかったです。色々勉強になりました。またよろしく:D

  4. Semi Yue のコメント:

    国際法上自衛権は確立しているので、国防の観点からの軍備は特に問題ないですねぇ。
    北の核ですが…これはアメリカの兵器と同じで、他国に提供して使用してもらう事で信頼性をあげる手でしょう。
    オフボアサイトも、まずはIAFからだったような気もします。
    昨年の9月の第2のオシラク・オプションに関しては、あの施設は北朝鮮製の疑いが強いです(あくまでIAEAの「見解」ですし、今となっては更地にされて証拠も消えてしまっているので何ともいえませんが)
    一応サエレット・マトカルが持ち帰ったものは北朝鮮製でした。
    というわけで、昨年再発しています。イランに対してもオプションは有効という立場だったはず。
    ひょっとすると、アメリカは北の核が中東に流れてオプション発動がいやだからどうにかしたいだけかもしれないですね。
    テロリストの組織単体では弱いですが、今のテロリストのグループのネットワークはかなり巨大なのでどういう武器を今後手に入れるかが気になります。
    ちなみに、オシラク・オプション実行の時、ブッシュ父は本気で激怒して経済制裁を進言していたくらいなので、イスラエルが核施設に対して攻撃する場合、証拠をアメリカも掴んでいないとさらに孤立するでしょうねw
    なお、侵攻戦争については今も定義がはっきりしていないものですが、それ以前に、実際に起こす場合、特にロシアや中国もそうですけど、経済的繋がりが足かせになります。
    (逆に言うと、経済的交流を深める事で軍事攻撃を行いにくくする事も可能です)
    これは日本が攻撃を受けた場合の経済的影響…ですね。
    独立国家への侵略ととれるもの…ですが、WW2以降を見るとまずは経済戦争から始まっていますね。
    地政学のみ…では戦争は論じれないかもしれません。
    経済だけでもダメですし、宗教だけでもダメですしw
    ちなみに、私個人は上海条約機構はちゃんと機能できているの?という気はします。
    理念は理解していますし、アレがある(当時は上海ファイブでしたが)からアフガン戦争もあったわけですが。
    あちらの情報が中々出ないのは気になりますね。
    特に中国は。
    ああ、そういえば、イージス艦の情報流出以降、軍事技術に対するアメリカの態度は180度変わっていると言えます。
    F-22も売りたくないそうですw
    感情的に「核はダメ」とかいい加減なくなって欲しいですねw
    私も核は反対派ですが、核を持たないなら、相応の装備が必要だと考えます。
    ティタン・コーポレーションみたいなものも必要なんでしょうか…
    AWACSだけでもダメですしね。
    機動艦隊も必要でしょうし。
    > どうにも、世論自体といいますか、マスコミの視野の狭さが気になります。
    日本人って、アメリカの太平洋艦隊がどこに基地を持っていて、どこの作戦に参加しているとか気にしていないんだろうなぁと思う事もしばしばw
    そういう意味で、アメリカは日本を手放したがらないでしょうけど…

  5. 疾風 のコメント:

    おお。あざーす
    盆休み取れたので、動かせる時間をとりあえず全て髪作成に突っ込みます。
    なので、レスは18日以降にする予定です。すんません。

コメントを残す