(SL)情報の囲い込みは無意味(VWBCの講演)

あーあ。でちゃったかw
うちも9月1日のエントリで同じような事書いてて、繁忙期終わって来年になったら、なんか全体で使えるような仕組み考えようかねーと、友達と言ってたとこでした。
みんな考える事同じだw

SLCOM blog : VWBC – セカンドライフコミュニティJAPAN Second Life Community JAPAN
> そのあとの話をはしょって、今後の活動方針を問われたときに、
> Nekoさんが、SL内メディアの必要性(SL内のどこで、何が、いつ行われているかが、
> 全員に分かるような仕組み)に言及し、一同賛成!の声が飛び交いました。私も全面的に賛成です。

引用先のIKUKOさんからの補足コメントついてたので追記しておきますね(11/2 13:08)
======
IKUKO
:
引用ありがとうございます。
誤解なきように補足しておきますが

放送中のNekoさんの発言は、「どこで何をやってるか、わかる仕組みがあるといいね」というだけで、SL内でと限定もしていないし、Nekoさんがそれをやるという話ではありませんでした。

もとよりMagSLに情報を囲い込むなどという意図は、聞いた限りでは私は感じませんでした。

VWBCの放送はバックナンバーの整備が遅れていて、原典に当たることができないので、私の記事から誤解に基づく風評で、さまざまな憶測が飛び交うのは、私としても本意ではないので、その点、ご理解ください。
======

なるほど。「そういう仕組みがあるといいね」っていうニュアンスであれば、私も同意です。
軽くググってみたんですが、Nekoさんの発言に触れてるエントリがSLCOMしかなかったので失礼しました。
あとは、いかにやるかでしょうね

 

SL内「メディア」だと結局の所スポンサーと登録広告っていう形になるだろうから、SL内「メディア」という形ではポシャる可能性が高いだろうと思う。情報を利益目的で囲い込んでもいい事は一つもない。
特にSLでは、SL内通貨価値が現実通過に対して著しく低いのも相まって、SL内広告だけではたしてビジネスが成り立つのかという疑問がある。
そもそも商品広告だけであれば、SL内のclassifiedだけでよい。
だがイベントは?イベントは無償でやるユーザイベントが主流で、広告料など出せないだろう。
では無料で登録できるようにしたらどうか?
無料登録にしたところで集客(情報の受け手を客とするならば)力がないうちは、登録する人は少ないだろう。いかにして登録者を増やし、集客力を上げていくか。そこに恐ろしく労力がかかるだろうと思う。
無料登録がいったん全体に浸透しさえすれば、情報量が増え、その結果集客力が上がり、最終的には広告収入は可能かもしれないけど、SL内広告はL$ベースになるから広告収入がコストに見合うかという点で、MagSLのような会社がビジネスとしてやれるかどうかが問題だと思う。
しかも、「全体に浸透」の「全体」が日本内のみであるならばたかがしれてる(後述)。
なのでSL内メディアという形は、やるだけ無駄という点で反対。

前のエントリでは、Amazonで検索するのと、本屋で平積みにされてる本を探すのとで例えたように、
この問題のポイントは、受け手にとって一覧性があって見通しがいい形態である必要があるのが一点。
もう一点は、送り手にとって登録の手間が限りなく少ない方法であることかなと思う。
情報の集約過程がシンプルじゃないと、情報自体が集まってこないんじゃないかなと思うんだよね。

SL内メディアという発想や、登録制で情報を発信するサイトの問題点は、情報発信者を自分の所に引きつけて、いわば囲い込む事によって成立するので、結局の所新たな「情報の島」を作るだけだって所だと思う。
情報の島とは、一定量の情報を保持する小規模なコミュニティ(コロニー)という意味(詳しくは9月1日のエントリを参照してください)
今回の件で言ってみれば、MagSL島が新たな情報の固まりとしてできるだけで、SL内の出来事の一覧性があるかというと、非常に限定的な部分しかカバーできないだろう。
万一うまくいったとしても、「日本人コミュニティという限定的な情報の島」ができるだけで、はやり言葉で言えば日本のガラパゴス化が進むだけだ。
広告費ありきでまた小さな情報の島を作るぐらいであれば、悪しき前例を作らないよう、やらないほうがまだマシだ。

こういったSL内の情報を一元化する事を考えるのならば、情報が「真に」一元化されていないと意味がない。
ここを見れば必要な情報が必ずある。という状態にならないと、情報を必要とする人は集まってこない。
そうでなければblog巡りで十分じゃないか。という話になる。
だから、ビジネス前提でやるのであれば広告費を取るのはアリとしても、広告費を取らない情報にしても必ず集められるような仕組みが必要で、そう考えるとベージビューでRLマネー広告を取れるwebでやるべきではないかと思う。

私がイメージしているのは(まだないしょ)する感じ?
もっとオープンに、なんでも情報が集まっていて誰でも参照できる、そこからちょこっとだけ利益をもらう。そんな形にしないと、結局は実にならないと思う。
利用者ありきの形が必要だ。
簡単に言ってしまえば、ワンストップで情報が集められる場所。
一覧性のある閲覧ができる場所だ。
したがって、ストリーミングやバナー(テクスチャ)切り替えによる広告は、閲覧効率が悪いゆえに不向きであるか、または効果は限定的だと思う。

SLの日本人コミュニティは縮小傾向にあるので、過疎化しないうちに情報アクセスに対する効率化はどうしても必要だ。
いまでも知らないところで楽しい事はいっぱい起こってるのに、自分のいる情報の島の中では知る事ができないというのは不幸な事だ。
この状況は打開しなければいけないが、その答えは「SL内メディア」にはない。

(SL)情報の囲い込みは無意味(VWBCの講演)

(SL)黒蜥蜴画伯あらわる

吉祥寺の撤収作業が終わって暇になったので、chooseにでも行こうかと戻ってみたら、すでに解散した後だった。2時半じゃしかたない。
しばらくボーッとしてたが、黒蜥蜴さんにIMしてみたら、これから原宿に店を出しに行くとのこと。
さっそく邪魔をしに行った。
黒蜥蜴さんが店を出すといっても、ストラさんとの共同店舗で、どっちかというと床を敷く係らしい。
床を敷き終わったら暇そうにモケモケしはじめる。
ストラさんが忙しく立ち働いてる横で、画廊だといいつつ手書きの絵を飾り始めた。面白い人だw

 

俺の絵も描けるよーと言って、10分ほど黙々と描いてくれたのがこれだ

続きを読む “(SL)黒蜥蜴画伯あらわる”

(SL)黒蜥蜴画伯あらわる

(SL)吉祥寺本店撤収しました




7月のあたま頃、例の人に本店の移転用地を探してるとポロッともらしたら、「じゃうちに来なよ」と吉祥寺SIMに強く誘われたので、話を聞きに行った事がありました。
吉祥寺SIMに本店を移す事になったのは、話しに行ったその場でいつの間にか話がどんどん先に進んでいって、あれよという間に決まった事なのね。
まあ、こちらも別に不都合はなかったし、本店移す事が吉祥寺SIMと例の人の役にも立つんだったらと、建築も含めてお願いしたわけ。


でも、(非公開にしちゃったけど)前のエントリで書いた例の因縁付けられた件で、もうこの人(例の人)とは一緒にやっていけないと思ったので、例の人の同意を取ったうえで撤収する事にしました。自社に損害出す事だから抵抗するかなと思ったら、びっくりしたことに即答でOKだった。

心残りなのは、夜遅くまで残っていつも笑顔で対応してくれたisuuuuuさんや、すばらしい建物を建てていただいたクリエイターの9さん、それから吉祥寺SIMの運営関係の人に迷惑をかけてしまったという点だ。

吉祥寺SIMにトラフィックが望めるからということで、建築費用を無料にしていただいたり、遅くログインする私でも十分時間が合うほど遅くまでサポートしていただいたりしたので、急に解約する事へのきちんとした謝罪をした上で、せめてものお詫びとして建築費の名目で60万L$と2ヶ月分の土地代金をお支払いしてきました。

あれだけお世話になったんだから、お金なんか払うよりも吉祥寺SIMの役に立ちたかった。
無念です。
しかし、もはや例の人を生理的に受け付けないのでしかたない。どれほどひどい侮辱を受けたかお察しいただければ幸いです。

ということで、手が空き次第原宿店にHairFairの作品を設置してから、吉祥寺の店舗を全て撤収します。
ご不便おかけして申し訳ございません。
開店祝いのお花をくれたLさんHさん、吉祥寺の皆さん。お祝いにお応えできず申し訳ない。

外人お客さんの再誘導うまくいかなかったらどうしよう
んー。なるようにしかならないか。

 -=H2L=- Harajuku main shop

(SL)吉祥寺本店撤収しました

(SL)チャット社長室

えーと、先月メルティングドッツのチャット社長室に出させてもらって、これVirtualWalkerに載りますんで。っていうのは聞いてたんだけど、知らない間にもう載ってた
載せましたってメルティングドッツから連絡来るもんだと思ってた。たのむよー辻川ちゃん。あ、部署違うのかw

人の世は一期一会・合縁奇縁と申しますが、これに声をかけてもらったのも細い一本の糸で繋がったからなんだよね。
ラウンジでWewiさんと仲良くしてもらい、とあるモールの調整役をエリさんがされてて、Wewiさんがエリさんに紹介してくれて、エリさんがメルティングドッツと繋がっていて、チャット社長室のゲストがいない時にたまたま思い出してもらったと。たぶん、チャット社長室の時間が早くて、その時間に行ける有名人がいなかったから仕方なく一見暇そうなこっちにきたんだろうw

何度か書いてるけど、4gamerのクリエイター特集を見てSLをやってみようかという気になったんだ。
エリさん髪型かわらんなw
始めるきっかけとなった特集記事に出ている人と、仲良く話をさせてもらえるようになるとは思ってもいなかった。
SLって面白い。

なんかのインタビューはこれで4度目なので、色々思いっきり喋ってきたら、たぶん喋りすぎた。他の回の有名人の方よりも、明らかに会話のキャッチボールが少ない。なんという言いっぱなし。
ま。いいか。
ヒロトさんよりも先に喋ったしw

・・・・・
ぎぃやぁぁ~~ここにリンク貼られてれぅ
こっそり人知れず更新する、知る人ぞ知るblogなのにw
ま、まあ、俺の対談記事なんか読む人少ないか。興味持って飛んでくる人はさらに少ないよね。じゃ、いっか。
せっかく来てくれた奇特な方のために、わかりにくい当blogのSL関連の記事を整理してタグつけた。
http://www.hvp.to/blog/mmo/secondlife/
古い記事順になっちゃってるZE☆
ふっ・・・
なおすのめんどくせ。というか、なおす方法調べるのめんどくせ。
いま読み返してみるとSL始めて1ヶ月の時点で、SLとはコミュニケーションゲームだって言ってるな。
いいセンスだ。うむ。

あと、最近URL書いてないから忘れつつあるけど
疾風の近況(lino it!使用)
H2L本店
http://slurl.com/secondlife/Kichijoji/114/141/24

(SL)チャット社長室

(SL)一息で吸い込む事のできないもう一つの世界

大仰なタイトルをつけてしまったw
さざんさんのCNETの記事を読んだら、もわもわとしてきたので無計画に書き殴ってみよう。

んとさ、自分たちがSL始めた頃から考えると、日本人のエリアってすっごい広がったなと思うのよ。
3倍とか4倍とかそんなんじゃなくて、もう一桁上ぐらい。
情報が広がりすぎてて、でも情報同士の相互交流がなくて、情報の塊ごとに各地に散らばっている。
これって、すごくもったいない事だと思う。

俺たちが始めた頃は、もっと狭かった。
それこそSL wiki JP一つで済んじゃうぐらい。
俺が始めた頃はMagSLもなかったし、日本人が集まる場所といえば桃源郷で、あとは長屋とかそのぐらい。
もなかのエリさんは当時から4gamerのインタビューに載るぐらい有名で、俺はあの特集を見てSLをやってみようかなという気になったんだった。長屋とCocololoもスゲーと思ったな。
それからほどなくして、MagSLができ、Jabara Landが続き、そこから急激にビックバンのように日本人SIMが拡散していった。
増加量をグラフにすると、ほとんど垂直ぐらいの上昇率があったよね。
で、メディアのしょうもない煽り記事があって、日本人もたくさん増えて、自分で遊ぶ目的が見つけられない人が去り、いまに至ると。

これがMMOだと、ベースとなる土地ってそんなに増えないでしょ。
だから全体像は把握しやすいし、レベル帯によって狩り場は決まってるし、レベル帯ごとにコミュニティはできるけど、必要な情報量は一定(もしくは拡張が来るごとに一定量の増加)だから、自ずと「知り尽くした」っていう頭打ちのラインがあって自然と衰退していく。
SLはそうじゃなくて、個人で土地を増やせる。趣味でSIMを買う人もいれば、商売のために運営してる人もいる。
人口の増加量に対して、土地の増加スピードの方がどちらかというと早いんじゃないかという気もしてくる。
土地自体が広がる事によってそこに置いておけるコンテンツ量が増大して、それに比例して情報量も拡大する。
しかも土地が広がれば、当然それだけ人口密度が下がるわけで、人口密度が下がるとそれだけ情報の流通が困難になる。日本人の絶対数はさほど減少してないと思うんだけど、土地が広がるにつれて拡散しちゃっていってるから、主観的には少なく見えるね。

というわけで、誰しもが自分のカフェやクラブを持ちたがり、店員を集め、希薄な密度の人口を手の届く範囲内で他店と奪い合う。
そうすると、そこかしこに小さな情報のコロニーが点在するようになるんだよね。陸の孤島というか。
その中の構成員の内輪で完結する小さな情報系がいっぱいあって、そういう情報溜まりを渡り歩く人によって情報が細々と伝達されていくと。
テレビも新聞の読まない生活してみればわかるけど、これってまさに現実と一緒だよね。マスコミがなければRLでも同じ状態になる。

そこで情報ポータルとしてNaviSLやslmameがあるんだと思うけど、これはこれでもう母数が大きくなりすぎてカオスな状態。暇な人ならいいけど、俺みたいに仕事で時間が取れないような人には、blog巡りをしろというのは酷な話しだ。かつてそれを、当然やるべき事だと言い放った自称有名人がいたけどね。あらかじめサイトをピックアップしておけば、1巡回1時間で終わるとかなんとか。じゃあまず時間をヨコセとw
プロのデザイナーや3DモデラーなんかもいっぱいSLを始めていて、それぞれが思い思いに自己表現に使って商品として売り出すし、RLスキルを持たないままSLに来た人も、他の人に触発されて色々作り、作らないまでもイベントを企画し、企画しないまでもイベントの模様を動画にし、動画編集しないまでもイベントに参加し、イベントに参加しないまでも体験をblogに書き、blogを書かないまでも近場の友達とワイワイ遊び。
んー。なに書きたいんだかわかんなくなってきた。
ええと。
自分の知らないところでも、いつも誰かが何かをしていて、いつも何かが生まれている。
日本人のSLという狭い世界でも、すでに小さな社会ができてるんだなーと。

でね、さざんさんのCNETエントリを見て何でこんなことを思ったかというと、SLを取り巻くコンテンツには情報が集約されてから発信している場所がないなと、ふと気付いたから。もちろん俺が知らないだけかもしれない。
なくなる前のSL wiki JPがちょうどそんな感じだったけど、当時は母数が小さかったからね。
NaviSLにしてもslmameにしても結局個人ベースだし、second timesみたいな所もあるけど、あれって記事選別するから言ってみりゃblogと大差ないんだよね。

結局のところ、自分の知り合いのblogのみをよく行き来するだけ。ここでまた情報の島ができてるわけだ。で、ごく稀に検索で新しいところに飛んで、そこでやっと新しい情報が伝達される。
もしくは、コメントやトラックバックのリンクをたどっていくと、そのうち数人~数十人の人の輪の中でグルグル回ってるのに気がつくんだけど、ごく稀にある情報の島から外に飛び出すリンク(俺は勝手にコレを情報のネクサスポイントと命名しているw)を見つける。
この状態って、見る側に負担がかかりすぎという気がしてならない(といってもググるのは基本っていうのには同意)

もっとこう、なんていうのかな。イベントやら商品やらの宣伝告知がスムーズに行くような仕組みというか。誰もが使えて望みのものを教えて教えられるような、情報の島と島の垣根を取っ払うような新しい仕組みを、なにかしらひねり出せないものかなと。
広がりすぎて人口密度も情報密度も希薄になったSL世界を、一目で見渡せるような仕組みが欲しい。
もちろん、検索かければ見えてくるものはあるんだけど、そうじゃなくてコンテンツとしてザクッと出てくるようなもの。ほら、検索ってさ、探そうと思わなければ見つからないじゃない?
例えば本を買う時に、Amazonで検索するのと、本屋に平積みになったものを物色する違いというか。
そういうSLの情報が平積みになるような仕組み。広がりすぎてて、自分の周囲しか見えなくなった世界で、各地に散らばった小さなコミュニティとコミュニティの距離を一挙に縮めてくれるような、そんな仕組みがほしいなと思った。もうそういうのあるんかねぇ?俺が知らないだけ?

そういうのがあればさ、なんだっけ。tcupかどこかが100SIMドカッと買ったじゃない?あれインワールドの住人側からすれば、そんなにあってどうすんだよ。みたいなとこがあるのに、そういう事が平気で起こったのは、情報が集約されていないし広く意見を聞く場所がないから、マーケティングができてなかった。ていうような感じじゃないかなと思うのよ。MagSLだってMagSL Tokyo2出した時に、え?もう?まだ全部埋まってないのに?っていう感があったよね。あれもパイを大きく見積もりすぎてたと思うんだ。
だから、誰しもが頼りにする情報が集約される地っていうのがあれば、企業としても参入機会を捉えやすいし、これまでのようなトンチンカンなSIMを作ったりすむように先に意見を聞いたりできてメリットありそうだと思う。

あ、そうそう。話し戻るけど、唐突にこういう事を考えたのも、たまたまslmameを巡ってたところで優秀なお店をいくつか見つけたからだった。
HairFairの反響を調べようとググってたとこにヒットしたのが、レイカさんのエントリで、そこからコメントのリンクをたどり、どこかのクラブのblogからよさげなお店へのリンクを2つ見つけ、そのうちの1つのblogからメタセコイアを使ったスカルプ用のツールを作ってる人のblogを見つけて、このツールはすごいと。
こういう自分にとって知られざる情報は、誰かにとっての内輪な情報であり、その内輪から情報がなかなか外に出てこないっていうのが気になった。
まあ、そのためにウェブサーフィンっていう用語があるんだけど、どこかに情報セントラル的なモノがあってもいいんじゃないかね。いまでも登録型の情報サイトってあるけど、マイナーじゃない?やっぱりどこかしら使いづらいんだと思うのよ。
いちいち登録しないといけないし、検索しないとほしい情報が見つからない。
なんつっても俺はものぐさだからねーw
広いもう一つの世界となったSLの情報を、本屋の平積みのごとく俯瞰で一息に吸い込めるようなそんな仕組み、誰か作ってください(他力本願)

あと自分用の覚え書き。

スゲえと思ったメタセコイア用スカルプ作成ツール
からたちばな

よさげなメガネやさん。キリンさん(もう一年以上会ってないw)の生徒さんだったらしい。プリムの造形が素晴らしい。
行ってみたら、飛び出し坊やのある店だった。思わず坊やお持ち帰りしてしまったw
迷走SL日記

フルプリムの時計屋さん。縮小可能に作ってあればクオリティは中の上ぐらい
猫でもできる、ものづくり。

ラッキーチェア代わりのラッキーボード。あとresell可能なタバコとか、HUD付きスカートsit時の調整スクリプト
ラッキーチェアってなんか鈍くさい感じがしてたけど、これならかっこよくて置こうかなという気にさせる。
スカート革命は既出ながら販売店向けにも考えて機能が追加されている。プリムスカート作ってる人は見ておくといいかも。セールスポイントにできそう。
LB System Official Website

家具・洋服店。こういうテイスト好きな人結構多いんじゃないかな。実店舗は見に行ってないけど、SSだけでもセンスを感じるお店
couverture

今回の情報の島への起点となった。blogを頑張る人。ありがたい事にうちの髪をご愛用とのこと。こういう人のために頑張れる
レイカの「それもいただくわっ!」

あとついでに、ちーさんとこで知って、入れてみようかどうしようか躊躇してる(が、たぶん入れないw)
weblin

(SL)一息で吸い込む事のできないもう一つの世界