GmailやGoogleカレンダーのデザインを変えるFirefox addon

入れなくてもいいと言えばそうなんだけどもw

Google Redesigned :: Firefox Add-ons

Googleカレンダーさんや、Gmailさんの見た目を変えてくれます。
クールっぽい?

Googleカレンダーの見た目こんな感じ
Googleカレンダーの見た目こんな感じ
Gmailさん
Gmailさん

クール・・・かどうかは議論が分かれるところだと思うけど、目に優しい色ではあるかな。
プラグイン外せば元に戻るし、気分転換にはいいかもしれない。

このプラグインはインストールにFirefox Add-on IDが必要です。
googleカレンダーとgmailの他に、googleリーダーも変更してくれるらしいんだけど、うちでは変わらなかった。

GmailやGoogleカレンダーのデザインを変えるFirefox addon

FirefoxでGoogleカレンダーを手軽にポップアップ

Googleカレンダーを使ってる人は、カレンダーのタブを出しっぱなしにしてる人が多いんじゃないでしょうか?
かくいう私も、タブを保護して出しっぱなしなわけですが、リソース的にもよろしくないということで、見たい時にパッとカレンダーを見られるFirefox用のアドオンのご紹介。

続きを読む “FirefoxでGoogleカレンダーを手軽にポップアップ”

FirefoxでGoogleカレンダーを手軽にポップアップ

GTD始めてみようと思う

何から手を付けたらいいのかわからない。
ということが、仕事が溜まってくると常態化していたので、ここ最近はやらなきゃいけない仕事を目に付く位置に積み重ねておき、やるときになったら一位から三位ぐらいまでに順位付けをして、片っ端から片付けるようにしてみた。

いま何をやるべきかというのがわかってるので、以前の「今これをやってていいのだろうか」「何かやるべき事を忘れてないだろうか」という不安を抱えつつやっていた頃から比べれば、比較的スッキリとした気持ちで仕事を片付けられるようになり、実際処理スピードも上がった。
続きを読む “GTD始めてみようと思う”

GTD始めてみようと思う

スケジュール環境を整備する

暇になった~
全速力で仕事をやっつけた後はいつも脱力感があるんだけど、今年は年末前に終わったので抜け殻感がひどい。
頭はトップギアに入ってるのに、やることがねぇぇぇぇ

ということで、手を付けかねてたスケジュールがらみの環境改善に着手。

そもそもうちは家族3人だけでやってる零細自営業で、3人とも担当先を持っていて、かつ店番も必要だから、3人しかいないのにカバーすべきポジションが4つあるという状態。
で、一人一人が好き勝手にスケジュール組んだら、気がついたら店で撮影の予約が入っていた。なんてことになるとシャレにならないので、スケジュールを入れたらほぼ即座に反映されて、そこを見ればどこが安全な空き時間なのか一目でわかる必要がある。

という事をふまえて。

これまではCLIEを使ってeasy sync(だったかな?)を利用して同期をしてたんだけど、予定の件数の上限を超えちゃってどうにもやりくりがつかなくなりCLIEを使わなくなった。
そこで代替手段をなんとか探して、Zakuraという半分SNSみたいなサイトを使って、3人分のスケジュールを同期していた。
ここは携帯からもアクセスできたんだけど、ログインのステップが必要で、なおかつ重い。
使いづらいなー。と思いつつ、しかたないから使っていた。

そんなある日、現実逃避でwebをプラプラ歩いてたら、googleがカレンダーサイトをやっていて、カレンダー共有が可能、さらにiCAL形式やらXML形式やらでのインポート・エクスポートも可能というのを知った。
んで、突っ込んで調べてるうちに、これは使えそうだぞという事がわかってきたけど、時はまさに繁忙期ど真ん中。
いろいろ調整付けるのも面倒だったから、放置していたというわけ。

それで暇になったので、本格的にgoogleカレンダーに移行することにした。
テストで使い始めてみると、スケジュールの共有は鼻水が出るほど簡単だった。

共有したい相手のIDを共有許可にするだけで、相手のカレンダーに表れる。
自分の仕事用の共有するスケジュールと、共有しないプライベートのスケジュールを2つ作っておいて、画面には一緒に表示することももちろん可能だ。
なんという手軽さ。
ユーザインタフェースも相当洗練されていて、なかなか使いやすいのもいい。
ということで、スケジュール機能が使えるのがわかったので、まずは及第。

次にモバイルでのアクセシビリティを重点的に調査する。

デフォでも携帯からアクセスは可能だったが、どうもいまいちだった。

googleはネームバリュー抜群だし、ユーザーの裾野も広いから、サードパーティー製のユーティリティも整っているだろうと踏んで探してみたら、なかなかいいものがあった。
Google Calendar Mobile Gateway(GCMG)
TAKE24/7
どちらも携帯からgoogleカレンダーを閲覧する仕掛けだ。
GCMGの方が軽いらしいので、こちらを試す。
GCMGでgoogleカレンダーにアクセスをすると、認証コード込みのURLでアクセスできるので、ログインのステップが不要なのがいい。
アクセスする1ステップだけで、さっとスケジュールが出てくる。
うん。これはいい。
ただ、i-modeからのネットへのアクセスが遅いので、客観的に見て非常にスピーディーとはとてもいえない。
外出先でスケジュールを調べる時は、取引先の人に「いつ空いてる?」と突っ込まれて参照する事が多い。悠長にアクセスしてる暇はないのだ。
ということで、GCMGはひとまず置いておいて、iアプリで何か無いか探してみた。
有償版でしか同期はできないが、jigブラウザのプラグインでjigスケジューラ for googleカレンダーというものを発見。
早速課金してテスト。

見た目もわかりやすい。
それに同期なので、すぐ必要な時に悠長にgoogleへアクセスする事がない。
これはいい感じ・・・
と思ったが、iアプリの起動おせええええええええええええ
お前ちょっとそこに座れと。
もうちょっとよく考えて作れと。
なにせ、元々はフルブラウザのアドインという形なので、まずブラウザを起動してからアドインが立ち上がる事になる。
ブラウザなんかいらないんだよー
スケジュールだけの単体で出してくれよー
まあ、遅いといっても数十秒なんだが。
だったら、取引先の建物に入る前に起動しておいてから、携帯を閉じて持っていけばいいか。
と、思ったが、それだったらGCMGでも同じだ。
しかもiアプリは消費電力が高い。
うーん。
一長一短だこれは。

そこで、もうちょっとしつこく調べてみることにした。
同期・・・同期・・・
そういえば、iPod Touchのアプリでなんかないかな。
と、探し始めたところ、iTunes storeにさいすけというアプリを発見。
良さそうじゃんと思って評価をじっくり読んだところ、スケジュールが表示されている1ヶ月単位でしかシンクできないとな。
つかえねぇぇぇえええぇぇぇえええ
おまえちょっとそこに正座しろと。
スケジュールのシェアウェアでそれはないだろと。

バージョンアップで解決済みなのかもしれないが、試用する気にもなれなかったのでパス。

うーん。
同期・・・同期・・・
あったあった。
Nemus Sync
おお。これは標準のカレンダーに同期してくれるのか。
キタ!これでかつる!
さらにつらつら突っ込んで調べると・・・
Jail Breakが必須という事らしい。
Jail Breakってなんぞ?

どうやら、PalmOSで言うところのHackと同じ感覚のもので、平たく言えば非公式アプリをインストールして走らせる事ができるシステムツールらしい。さらにAppleの保証を失う自己責任ツールという位置づけのようだ。
iPod Touch/Phoneには複数のファームウェアバージョンがあり、それぞれのバージョンに対応しているJail Breakアプリでないとハックできないらしい。
これはめんどくさい。

おっちゃんもなー、トシとってなー、あんまり冒険する気にならへんねん。

これは最後の手段として取っておこう。
形式的にはシンクはできることはわかった。
だけどJail Breakをせずにシンクできる方法があるはずだ。どこかに。

ということで、さらにしつこく調べる。
うーん・・・
同期・・・同期・・・
お・・・
あったーーー

NuevaSync
これはどうやら仕組み的にGCMGと同じで、NuevaSyncがgoogleカレンダーからデータを受け取り、変換してからiPodのExchangeに渡して同期するというサービスらしい。
しかも無料。Jail Breakいらず。
GJ!(´∀`)b
手順的には上記サイト通りにすれば、簡単に実現可能。
ファームウェアバージョンが2.0以上である必要があったので、早速アップグレードしてテスト。
速い!美しい!

うーん。実に素晴らしい。
難点といえば、データ収得をプッシュのままにしておくと、電池のヘリが早いということぐらいだけど、これは設定で1時間おきのフェッチにすれば解決。
iPodをさっと起動して、ポチッとカレンダーを起動すれば、一瞬で同期されたカレンダーがずばばーんと出てくる。
しかも、iPodで書き込んだ予定もフェッチのタイミングで勝手に同期してくれて、web上に反映される。

嗚呼素晴らしき哉てくのろじぃ
このサクサク感はPalm時代に匹敵する。正統な上位進化版的な使い勝手と言ってもいいかもしれない。
うちのスタッフである社長と弟に、こんなことできたZE
と見せびらかしたら、二人とも色めき立って速攻iPod買いにいったw
あ、いま帰ってきた。

というわけで紆余曲折の結果、NuevaSync+iPod Touchという環境に収まったのでした。

次は、取引先で使えそうなビジネス風のケースがいるなぁ。
これ
RT-T1LC1/B

DLO HipCase for iPod touch
これかなぁ。
iPot Touchは1stと2ndバージョンがあって、これからTouch買う人は2ndなので、ケースの対応には注意ね。
革ケースで、液晶面のフラップに強度があって、ストラップまたはそれに準じるホールド補助の機構があって、なおかつかっこいいケース(←超重要w)誰か知ってたら教えてください(・∀・)

ちなみにiTunes storeを見ててびっくりしたのが、産経新聞のアプリ。
クリックで拡大

なんと当日の紙面全てを無料で読める。
普通の人なら真っ先に見るであろうラテ欄もちゃんと見れる。これは驚きだ。
レビュー欄にも、本当に無料でいいの?とか、素晴らしい英断!とか絶賛の嵐。
無線LANなら3,4分でダウンロードが全部終わるので、出勤前にダウンロードさせておけば電車の中で読み放題。拡大縮小し放題w
海外で働いている人も日本の新聞いつでも読めるっていいよね。
もうアサヒとか毎日とか読売とかいらんねw

その他にも、iPhone効果なのか様々なアプリが登録されていて、iPod Touch/PhoneはPalmの代わりにいじって遊べるデバイスに化けたと言えるだろう。
ユーザの裾野の広さを考えれば、Palmを完全に超えたかな。
安い買い物ではなかったから、使い倒したいと思う。
面白いよ。

スケジュール環境を整備する

情報の迷宮

Wesyncが9月に生まれ変わってClearSyncとして再スタートするというメールが来た。
wesyncはもう3,4年ほど我が家で使っており、palmのカレンダーを複数人で同期しちまおう
というcoolなサービスだ。
うちでは3人とも別々の担当の仕事をしており、かつ店舗もあるので、誰か一人は
店番として残らなければいけないわけで、常に他の二人のスケジュールを手元で見れるという
wesyncの存在は、現場でのスケジュールの調整で大いに役立ってきてくれた。
同等の機能は10万円以上もかかるサイボウズなどのグループウェアでしか実現できないのに
wesyncはなんと無料だったのだ。

しかし、wesyncがpalmに買い取られ、その後palmが経営難でpalmOneとpalmSourceに分割
されたときに、あわやサービス停止かという状態になった。
幸いなことに、ユーザーの声を受け入れたpalmSourceは新規登録停止・ノーサポートながら
サービスだけは継続するという事になって、2年ほどその状態のままだった。
palmOS5のサポートもされず、メモリ効果で減り続ける電池容量に苦しめられつつ
待った甲斐があり、ついに復活。しかもOS5サポートとなって帰ってきた。

wesyncを買収したTanner Research(CEOがwesync愛用者らしい)が再開するサービスには3段階あり、
1.無料:webでのスケジュールブラウジングのみ
2.シルバー:スケジュールの書き込み可、利用料$19.95/year,追加アカウント$9.95/year
3.ゴールド:シルバー+ワイヤレスシンク可。利用料$59.95/year,追加$29.95/year
となるようだ。
8月から30dayのtrialが始まり、9月から本課金開始ということだが、すでにwesyncなしの
仕事は考えられないので、おそらく支払い許可が下りるだろう。
うちだと19.95+9.95*2/yearだから、費用対効果としては十分すぎるコストパフォーマンスだ。

日本市場では没落してしまったpalmだが、こういった特定の使い方ではまだまだ現役で
携帯のスケジュール機能では追随できない領域にある。

続きを読む “情報の迷宮”

情報の迷宮